「Yahoo!Japan に登録された」とは?

Webサイトが「Yahoo!Japan(ヤフー・ジャパン) に登録された」ということは、一般的に「Yahoo!(ヤフー) カテゴリに登録された」ということを指します。
カテゴリ
SEO対策とユーザビリティ向上
SEO対策とユーザビリティ向上/一覧 (32)


SEO基礎講座


2005年6月
     
22
   

新着エントリ
Google AdSense リンクが斜体文字 (2/25)
Google AdSense「Ads by G」 (2/17)
「まだ違反している」 Google AdSense チームからの返信 (1/28)
1日に1回しか入力されないユニークキーワードは63%(ヤフー) (1/28)
やっと Google AdSense チームに返信できました (1/27)
Google AdSense チーム に返信したらエラー (1/25)
Googleの プログラムポリシーに違反していた (1/24)
「検索結果のページからページ 1 件を削除しました」という Google のメッセージ (1/16)
Googlewashing (11/28)
Google PageRank を確認できるツール (11/27)
検索キーワードランキングレポート (6/23)
「Yahoo!Japan に登録された」とは? (6/22)
YST(Yahoo Search Technology) (6/21)
3桁のコードでカラー指定 (6/20)
margin(マージン)、padding(パディング) (6/18)
Googleの「もしかして」は固有名詞にも対応している (6/17)
必ずしも正確なキーワードで検索されるわけではない (6/16)
H1タグのフォントサイズとマージン変更 (6/16)
SERP(検索結果ページ) (6/15)
検索サービス Ask.jp の検索エンジン Teoma(テオマ) (6/14)
グーグル・アドセンスとグーグル・アドワーズ (6/13)
ブロック要素とインライン要素 (5/12)
P4P(検索結果連動型広告) (4/10)
ホスト pool-**-**-**-**.phil.east.verizon.net (3/8)
ホスト ***.yst.corp.yahoo.com (3/7)
ページ外要因を上げるためのトラックバックについて (2/1)
スニペット (1/26)
クラスタリング (1/25)
パーシャルインデックス (12/18)

新着トラックバック/コメント

リンク集


アーカイブ
2004年 (4)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (20)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (11)
11月 (2)
2006年 (6)
1月 (6)
2007年 (2)
2月 (2)


アクセスカウンタ
今日:19
昨日:63
累計:263,846


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年06月22日(Wed)
< Googleの「もしかして」は... < YST(Yahoo Search Techno... | 検索エンジン/一覧 |  
「Yahoo!Japan に登録された」とは?

国内最大のPV(ページビュー)を誇る Yahoo!Japan(ヤフー・ジャパン)。
このポータルサイトには、カテゴリ別に整理して階層毎にWebサイトが登録されている「Yahoo!カテゴリ」というディレクトリ型検索エンジンがあります。
アクセスアップ、リンクポピュラリティーの対策の上でも、「Yahoo!カテゴリ」へのWebサイト登録は有効な手段と言えます。
Yahoo!カテゴリへWebサイトを登録する方法は、下記ページをご参照ください。
http://add.yahoo.co.jp/docs/include.html

Yahoo!カテゴリへWebサイトを登録するのは「推薦(無料)」という方法をとっており、推薦されたWebサイトは、ヤフーサーファーと呼ばれるYahoo!Japanのスタッフにより審査され、その結果、価値あるWebサイトと判定されれば、Yahoo!カテゴリに登録してもらえます。
中には推薦しなくても、ヤフーサーファーが自ら見つけて、カテゴリに登録されるWebサイトもあります。
なお、商用(営利)目的のサイトの推薦方法は有料(ビジネスエクスプレス)のみとなっています。

さて、よく勘違いされるのが、「Yahoo!Japanで検索して検索結果に表示される」=「Yahoo!Japan に登録されている(Yahoo!カテゴリに登録されている)」ということです。
下図に、Yahoo!Japanでの検索結果を示しますが、よく見ていただくとわかるように、検索結果のページには、「Yahoo!登録サイトとの一致」、「ページとの一致」という見出しがあります。


Yahoo!Japan の検索結果ページの画面(「Ask.jp」というキーワードで検索した結果)


「Yahoo!登録サイトとの一致」の次に表示されるWebサイトが、Yahoo!カテゴリに登録されているもので、「ページとの一致」の次に表示されるWebサイトまたはページは、YSTというロボット型検索エンジンの技術によって自動的に収集されたものです。
「ページとの一致」の次に表示される検索結果の順番は、ロボット型検索エンジン google と同様に SEO対策の効果により変動します。
Yahoo!Japan に登録されたのに、アクセス数が増えないといった声をよく聞くのですが、大体のケースが、Yahoo!の検索サービスの内容を知らずに誤解されています。
Webサイトが「Yahoo!Japan(ヤフー・ジャパン) に登録された」ということは、一般的に「Yahoo!(ヤフー) カテゴリに登録された」ということを指しますので、お間違えのないようご注意下さい。

2005年10月3日、Yahoo!検索がリニューアルされましたので、上記記事における
「検索結果ページの画面」および「検索結果の表示順」が変更されています。
関連記事:ヤフー、検索エンジンをロボット型にリニューアル