検索キーワードランキングレポート

NS総研が、検索キーワードランキングレポートを販売している。SEO対策上、ユーザがどのような検索キーワードを利用しているのかを知るのは重要。
カテゴリ
SEO対策とユーザビリティ向上
SEO対策とユーザビリティ向上/一覧 (32)


SEO基礎講座


2005年6月
     
23
   

新着エントリ
Google AdSense リンクが斜体文字 (2/25)
Google AdSense「Ads by G」 (2/17)
「まだ違反している」 Google AdSense チームからの返信 (1/28)
1日に1回しか入力されないユニークキーワードは63%(ヤフー) (1/28)
やっと Google AdSense チームに返信できました (1/27)
Google AdSense チーム に返信したらエラー (1/25)
Googleの プログラムポリシーに違反していた (1/24)
「検索結果のページからページ 1 件を削除しました」という Google のメッセージ (1/16)
Googlewashing (11/28)
Google PageRank を確認できるツール (11/27)
検索キーワードランキングレポート (6/23)
「Yahoo!Japan に登録された」とは? (6/22)
YST(Yahoo Search Technology) (6/21)
3桁のコードでカラー指定 (6/20)
margin(マージン)、padding(パディング) (6/18)
Googleの「もしかして」は固有名詞にも対応している (6/17)
必ずしも正確なキーワードで検索されるわけではない (6/16)
H1タグのフォントサイズとマージン変更 (6/16)
SERP(検索結果ページ) (6/15)
検索サービス Ask.jp の検索エンジン Teoma(テオマ) (6/14)
グーグル・アドセンスとグーグル・アドワーズ (6/13)
ブロック要素とインライン要素 (5/12)
P4P(検索結果連動型広告) (4/10)
ホスト pool-**-**-**-**.phil.east.verizon.net (3/8)
ホスト ***.yst.corp.yahoo.com (3/7)
ページ外要因を上げるためのトラックバックについて (2/1)
スニペット (1/26)
クラスタリング (1/25)
パーシャルインデックス (12/18)

新着トラックバック/コメント

リンク集


アーカイブ
2004年 (4)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (20)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (11)
11月 (2)
2006年 (6)
1月 (6)
2007年 (2)
2月 (2)


アクセスカウンタ
今日:19
昨日:63
累計:263,846


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年06月23日(Thu)
< ページ外要因を上げるため... < 必ずしも正確なキーワード... | SEO対策/一覧 | Google PageRank を確認で... > 1日に1回しか入力されな...
検索キーワードランキングレポート

livedoor(ライブドア)の子会社であるネットアンドセキュリティ総研(NS総研)は、ネットレイティングス株式会社が行った、主要ポータル・検索サイトの検索サイト内で利用された「検索キーワード」の調査結果をまとめたレポート「検索キーワードランキングレポート(2005年4月度)」の販売を開始した。
オーバーチュアが提供するキーワードアドバイスツール(http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp)を使っても検索キーワードのトレンドを知ることは出来るが、ここで表示される内容はオーバーチュアと契約している検索エンジンにおけるキーワード利用数である。
一方「検索キーワードランキングレポート」では、下記検索エンジントータルでの検索キーワード利用数を知ることができる。

【集計対象サイト】

SEO対策上、ユーザがどのような検索キーワードを利用しているかを知ることは重要であるのは言わずもがなだが、こういったレポートも販売されているので、活用してみるのもいいのではないだろうか。
ただし、価格は 157,500円(税込)なので、個人で購入するには少々お高い。

NS総研
http://www.ns-research.jp/

NS総研プレスリリース
「NS総研、検索キーワードランキングレポート(2005年4月度)を販売開始」
http://www.ns-research.jp/press/3236.html