ブロック要素とインライン要素

HTML言語は、おおまかにブロック要素とインライン要素に大別できます。各HTMLタグがブロック要素なのか、インライン要素なのかを理解した上で使用しないと、正しくHTML文書を作成することはできません。
カテゴリ
SEO対策とユーザビリティ向上
SEO対策とユーザビリティ向上/一覧 (32)


SEO基礎講座


2005年5月
12
       

新着エントリ
Google AdSense リンクが斜体文字 (2/25)
Google AdSense「Ads by G」 (2/17)
「まだ違反している」 Google AdSense チームからの返信 (1/28)
1日に1回しか入力されないユニークキーワードは63%(ヤフー) (1/28)
やっと Google AdSense チームに返信できました (1/27)
Google AdSense チーム に返信したらエラー (1/25)
Googleの プログラムポリシーに違反していた (1/24)
「検索結果のページからページ 1 件を削除しました」という Google のメッセージ (1/16)
Googlewashing (11/28)
Google PageRank を確認できるツール (11/27)
検索キーワードランキングレポート (6/23)
「Yahoo!Japan に登録された」とは? (6/22)
YST(Yahoo Search Technology) (6/21)
3桁のコードでカラー指定 (6/20)
margin(マージン)、padding(パディング) (6/18)
Googleの「もしかして」は固有名詞にも対応している (6/17)
必ずしも正確なキーワードで検索されるわけではない (6/16)
H1タグのフォントサイズとマージン変更 (6/16)
SERP(検索結果ページ) (6/15)
検索サービス Ask.jp の検索エンジン Teoma(テオマ) (6/14)
グーグル・アドセンスとグーグル・アドワーズ (6/13)
ブロック要素とインライン要素 (5/12)
P4P(検索結果連動型広告) (4/10)
ホスト pool-**-**-**-**.phil.east.verizon.net (3/8)
ホスト ***.yst.corp.yahoo.com (3/7)
ページ外要因を上げるためのトラックバックについて (2/1)
スニペット (1/26)
クラスタリング (1/25)
パーシャルインデックス (12/18)

新着トラックバック/コメント

リンク集


アーカイブ
2004年 (4)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (20)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (11)
11月 (2)
2006年 (6)
1月 (6)
2007年 (2)
2月 (2)


アクセスカウンタ
今日:19
昨日:63
累計:263,846


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年05月12日(Thu)
| HTML/一覧 |  
ブロック要素とインライン要素

HTML言語は、おおまかにブロック要素とインライン要素に大別できます。
ブロック要素は通常、前後が改行された形式つまり四角いエリアで表示されます。
一方、インライン要素は通常、前後が改行されずにブロック要素の中での行の一部として表示されます。
具体例は下記のとおりです。

文章の中でこんな感じで一部分だけ色を変えることができます。
<上記ソース>
<div style="margin:5px;padding:5px;background-color:#FFFF66;">
文章の中で<span style="color:#ff0000;">こんな感じ</span>で一部分だけ色を変えることができます。
</div>

<div>タグがブロック要素で、<span>タグがインライン要素になります。
主な ブロック要素
<h1>〜<h6> <p> <blockquote> <ul> <ol> <dl> <pre> <form> <table> <div> <hr> <center>

主な インライン要素
<a> <em> <i> <strong> <b> <u> <big> <small> <span> <font> <iframe> <br> <img>

なお、<img> のように高さと幅が決まっているインライン要素は「置換インライン要素」と呼ばれ、逆に高さと幅が決まっていないインライン要素は「非置換インライン要素」と呼ばれます。