不定期日記

検索エンジンやSEO対策に関する日記です。更新は不定期です。
カテゴリ
SEO対策とユーザビリティ向上
SEO対策とユーザビリティ向上/一覧 (32)


SEO基礎講座


2018年1月
 
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着エントリ
Google AdSense リンクが斜体文字 (2/25)
Google AdSense「Ads by G」 (2/17)
「まだ違反している」 Google AdSense チームからの返信 (1/28)
1日に1回しか入力されないユニークキーワードは63%(ヤフー) (1/28)
やっと Google AdSense チームに返信できました (1/27)
Google AdSense チーム に返信したらエラー (1/25)
Googleの プログラムポリシーに違反していた (1/24)
「検索結果のページからページ 1 件を削除しました」という Google のメッセージ (1/16)
Googlewashing (11/28)
Google PageRank を確認できるツール (11/27)
検索キーワードランキングレポート (6/23)
「Yahoo!Japan に登録された」とは? (6/22)
YST(Yahoo Search Technology) (6/21)
3桁のコードでカラー指定 (6/20)
margin(マージン)、padding(パディング) (6/18)
Googleの「もしかして」は固有名詞にも対応している (6/17)
必ずしも正確なキーワードで検索されるわけではない (6/16)
H1タグのフォントサイズとマージン変更 (6/16)
SERP(検索結果ページ) (6/15)
検索サービス Ask.jp の検索エンジン Teoma(テオマ) (6/14)
グーグル・アドセンスとグーグル・アドワーズ (6/13)
ブロック要素とインライン要素 (5/12)
P4P(検索結果連動型広告) (4/10)
ホスト pool-**-**-**-**.phil.east.verizon.net (3/8)
ホスト ***.yst.corp.yahoo.com (3/7)
ページ外要因を上げるためのトラックバックについて (2/1)
スニペット (1/26)
クラスタリング (1/25)
パーシャルインデックス (12/18)

新着トラックバック/コメント

リンク集


アーカイブ
2004年 (4)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (20)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (11)
11月 (2)
2006年 (6)
1月 (6)
2007年 (2)
2月 (2)


アクセスカウンタ
今日:17
昨日:63
累計:263,844


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年02月25日(Sun)▲ページの先頭へ
Google AdSense リンクが斜体文字

Google AdSense に表示されている広告のリンクが斜体文字になっているパターンを見かけました。
でも、リロードすると元の通常の文字体に。以前、Google AdSenseのヘッダ文字「Ads by Google」が「Ads By G」という表記に変わっているパターンを見かけましたが、Google も色々テストしているんでしょうか。



関連リンク
Google AdSense「Ads by G」


2007年02月17日(Sat)▲ページの先頭へ
Google AdSense「Ads by G」

Google AdSense のタイトルヘッダーが「Ads by G」になっているパターンを見かけました。
リロードしたら、また元の「Ads by Google」に戻っていたけれども。


2006年01月28日(Sat)▲ページの先頭へ
「まだ違反している」 Google AdSense チームからの返信

やっと Google AdSense チームに返信できました」の続き

先日、Googleのプログラムポリシーに違反していると、Google AdSense チームからメールを受け取り、指摘事項に沿って修正を行い、返信メールを送りました。
私的には、Google AdSense チームからOKの返信が来るものと思っていたのですが、Google AdSense チームからの返事は「まだ違反している」。しかも、前回の指摘事項はほとんどクリアできていませんでした。
Google AdSense チームからの返信メールは下記の通り。

○○ 様

ご連絡いただき、お客様のアカウントを確認しましたところ、
現在もGoogle 広告の掲載方法が次のプログラム ポリシーに
違反していることが確認されました。

- 現在もお客様のサイトに掲載されている検索向け AdSense の広告コードが
 変更されています。AdSense に参加されるサイト運営者様に対して、
 どのような理由においても、広告レイアウトの変更などの広告コード変更は
 許可しておりません。このため、検索向け AdSense のコードを、お客様の
 AdSense アカウントの [サーチ設置] セクションにある広告コードに
 戻していただきますようお願いいたします。

- お客様のアカウントにおいて、現在もコンテンツの量が少ないページに
 Google 広告が掲載されています。Google AdSense 広告は、コンテンツの
 豊富なページに掲載すると高い効果が得られます。AdSense のポリシーに従って、
 サイトのコンテンツを含まないページから AdSense 用広告コードを削除して
 いただきますようお願いいたします。

- お客様のアカウントにおいて、現在もAdSense の紹介プログラムを過度に
 アピールする文面が記載されていることを確認いたしました。紹介プログラムにより
 掲載される広告は広告ユニットの一つとしてみなされます。いかなる理由においても、
 お客様のコンテンツ内で、紹介プログラムにユーザーを誘導する文言を含むことは
 認められません。このため、お客様のウェブサイトから該当の文面を削除して
 いただきますようお願いいたします。

再度お客様の管理サイト全体をご確認いただき修正願います。
なお、修正を加えていただけない場合はGoogle AdSenseのご利用を
停止させていただくこともありますのでご注意ください。

Google のプログラム ポリシー (https://www.google.com/adsense/policies?hl=ja)
利用規約 (https://www.google.com/adsense/localized-terms?hl=ja)

すべての修正が終了されましたらこの電子メールへの返信として、
その旨をお知らせください。お客様のアカウントを再度確認させていただきます。

Google AdSense チーム

納得の行かない点が多い Google AdSense チームからの返信メール。
私のやり方がそんなにいけなかったというのか・・・。
私が、どのような考えに基づいて、修正したかというと・・・つづく。


2006年01月27日(Fri)▲ページの先頭へ
やっと Google AdSense チームに返信できました

先日、Googleの プログラムポリシーに違反していたことから、Google AdSense チームより「Google AdSense アカウントのステータス」という件名のメールが送られてきた。
しかし、Google AdSense チーム に返信したらエラーとなる事態が発生し、非常に困った事態に。
そこで、別ルートで連絡をとることにし、Googleの問い合わせページから返信メールを出しました。
返信メールは下記の通りです。

Google AdSense チーム様

お世話になっております。○○です。

御社から受け取ったメールの送信元 adsense-ja@google.com 宛に返信メールを送りましたが、
エラーとなりましたので、本問い合わせフォームから返信いたします。
このたびは、御社のプログラム ポリシーに違反した行為があったことを深くお詫び申し上げます。
下記指示事項に対し、修正を完了しました。
詳細は、下記文中に記載した返信コメントをご参照下さい。
なお、まだ修正が不十分な点がございましたら、具体的なサイトのURLをご指摘頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

> - お客様のアカウントにおいて、コンテンツの量が少ないページに Google 広告
> が掲載されていることを確認いたしました。Google AdSense 広告は、コンテン
> ツの豊富なページに掲載すると高い効果が得られます。AdSense のポリシーに従
> って、サイトのコンテンツを含まないページから AdSense 用広告コードを削除
> していただきますようお願いいたします。

上記の対象と思われる下記サイトより、Google 広告を削除しました。
http://xxx.xxx.xxx/

> - お客様のウェブ サイトにおいて、ユーザーに対して AdSense で配信される
> Google 広告へのクリックを誘導する行為が確認されました。このような、アド
> ワーズ広告の広告主様の費用を故意に増加させる行為は、Google のプログラム
> 利用規約で禁止されております。 また、紹介プログラムにより掲載される広告
> は広告ユニットの一つとしてみなされます。いかなる理由においても、お客様の
> コンテンツ内で、紹介プログラムにユーザーを誘導する文言を含むことは認めら
> れません。このため、お客様のウェブ サイトから該当の文面を削除していただ
> きますようお願いいたします。

下記サイトの各ページにおいて、紹介プログラムを掲載しておりますが、クリックを促すような文言を削除しました。
http://xxx.xxx.xxx/

なお、「AdSense で配信されるGoogle 広告へのクリックを誘導する行為が確認された」とのご指摘ですが、
これについては心当たりがありません。
対象サイトのURLを教えて頂けないでしょうか。

> - お客様のアカウントにおいて、検索向け AdSense のコードで提供されている
> Google のロゴが削除または変更されていることを確認いたしました。AdSense
> にご参加いただいているサイト運営者様が、検索向け AdSense のボックスで提
> 供される Google のロゴを削除または変更することは禁止されております。この
> ため、検索向け AdSense のコードを、お客様の AdSense アカウントの [サーチ
> 設置] セクションにある広告コードに戻していただき、Google のロゴが変更さ
> れていない状態であるかどうかご確認いただきますようお願いいたします。

Google 検索窓を使用している下記サイトにおいて、Google ロゴを表示いたしました。
http://xxx.xxx.xxx/

これで万事解決と思ったのですが・・・。

「まだ違反している」 Google AdSense チームからの返信」へつづく。


2006年01月25日(Wed)▲ページの先頭へ
Google AdSense チーム に返信したらエラー

Googleからの件名「Google AdSense アカウントのステータス」に対する返信メールを出したところ、以下のようなエラーメールが返ってきた。

----- The following addresses had permanent fatal errors -----
<adsense-ja@google.com>
(reason: 553 5.5.3 <adsense-ja@google.com>... Invalid)

----- Transcript of session follows -----
... while talking to smtp2.google.com.:
>>> DATA
<<< 553 5.5.3 <adsense-ja@google.com>... Invalid
550 5.1.1 <adsense-ja@google.com>... User unknown
<<< 503 5.0.0 Need RCPT (recipient)

この手のエラーメールは、宛先のメールアドレスが誤っている(存在しない)場合に受け取ります。
しかし、Google AdSense チームが送ってきたメールのアドレスは「adsense-ja@google.com」。
以前も受け取ったことがあるし、何度も見直しましたが間違っていない。
3回ほど送りなおしましたが、全てエラーメールが返ってきます。
これは一体・・・!?
返信が遅れると、Google からの修正依頼を拒否しているとみなされ、Google アカウントを削除されかねない!!
というわけで焦る私でした。

関連記事
Googleの プログラムポリシーに違反していた


2006年01月24日(Tue)▲ページの先頭へ
Googleの プログラムポリシーに違反していた

Google AdSense チームから、私が管理しているサイトにおいて、Googleの プログラム ポリシーに違反している点があることを知らせるメールが来ました。

「Google AdSense アカウントのステータス」
Google では、AdSense プログラムにご参加いただいているサイトが Google の プログラム ポリシーに
従っているかどうかを定期的に審査しております。
お客様のアカウントを確認しましたところ、次のプログラム ポリシーに違反し ていることが確認されました。


指摘ポイントは下記3点
  1. コンテンツの量が少ないページに Google 広告が掲載されている
  2. AdSense で配信されるGoogle 広告および紹介プログラムへのクリックを誘導する行為がある
  3. 検索向け AdSense のコードで提供されているGoogle のロゴが削除または変更されている

1. のような規約があるとは知らなかった。「コンテンツの量が少ない」とは、どの程度のことを指すのかわからないが、まぁ作成途中で放置してしまったサイトが、結果的に「コンテンツの量が少ない」サイトに該当したと思われる。

2. は、Google 広告では、誘導するような文言は掲載していないものの、紹介プログラムにおいては心当たりがある。具体的には、下記のような文言はNGとのこと。
紹介プログラムは、Google 広告とは違い、クリックしただけでは収入は発生しないのだが・・・。


3. は、その通りです。ごめんなさい。レイアウト上、Google のロゴが邪魔だったのでつい・・・。

Google AdSense チームからのメールの最後には、必要な変更が完了したら、返信メールを送るよう指示されている。
再度、確認作業を行うようだ。
管理しているサイトがたくさんあるから、修正が大変だ、とほほ・・・。

続きは、Google AdSense チーム に返信したらエラー


2006年01月16日(Mon)▲ページの先頭へ
「検索結果のページからページ 1 件を削除しました」という Google のメッセージ

1月17日、Google において、キーワード「名誉毀損 ライブドア」で検索したところ、検索結果ページの一番下に、下記のようなメッセージが表示されました。

お住まいの地域の制約事項に基づき、Google 宛に送られた法律に関するリクエストに応じて、この検索結果のページからページ 1 件を削除しました。必要に応じて、ChillingEffects.org で削除が発生したことに至った苦情を確認できます。

苦情を確認のページは英語なので、Excite翻訳にかけてみました。結果は下記ページをご参照ください。
なんだかよくわからない翻訳結果になってますが・・・ (^^;
Excite翻訳による結果

chilling effects とは、サンフランシスコの電子最先端協会及びハーバード、スタンフォード、バークレーなどによる共同事業で、著作権違反や名誉棄損などについて援助してくれるようです。 どうやら、先のキーワード「名誉毀損 ライブドア」で表示される googleの検索結果について、不適切な内容を含むWebサイトがあったことから、ライブドアが Google に対し削除依頼をしたといったところでしょうか?(あくまで推測です)